肌ケアでトマトを食べるなら冷たいままでは意味がありません

私の肌の悩みは、やはりなんといってもシミやシワです。
若い時に、きちんと対策をしてこなかったからか、年齢が増えていくごとにシミやシワが増えました。
どうにかして肌を少しでも綺麗にしたいと思い始めていた時に、たまたまトマトについての話を聞いたんです。

トマトには、リコピンという抗酸化成分があり、お肌の敵である活性酸素を取り除いてくれるそうなんです。
トマトにそんなすごい力があるなんて、今までは知りませんでした。

私はハッキリ言って、トマトがあんまり好きではありませんでした。
サンドイッチやサラダにトマトが入っていると、さりげなくどけたりしてました。

ですが、これも美肌の為です。
私はトマトを食べるように心がけました。

まずはサラダにしたり、丸かじりしたりなど、生の状態で食べていたんです。
何となく生の方が効果はありそうだし、ビタミンCは加熱すると駄目だと聞いたので、もしかしたら栄養素の中には熱を通してはいけないものもあるのかと思いました。

所が、そうではなかったんです。
トマトは加熱してこそ、その実力を発揮するのだという事が分かりました。

そこで、私は生のトマトはやめてジュースやケチャップを多く使うようにしました。

その時もジュースは出来るだけカレーに入れたりして食べやすくしました。

そして、美肌に同じく良いとされている鶏肉は、ケチャップで煮込む事にしたのです。

そして、出来るだけトマト料理は朝食に摂るようにしてました。
やっぱり太陽の下を歩くのは、午前中が一番多いので、朝食に食べる方が肌を守れると思ったんです。

集中的にトマトを食べ始めてから、約5ヶ月。
肌には、徐々に変化が訪れてきたというのは、自分でも分かっていました。

次第に肌の悩みは少なくなっていきました。
あれだけ気にしていたシミやシワが気にならないまでになったのです。

完全にシミが消えたという訳ではありませんが、明らかに薄くなっているのです。

それに、お肌の弾力も明らかに変わってきました。
触ると、肌に弾力を感じるんです。

本当にトマトが美肌に効果があるのだという事が、自分の肌を使って分かりました。

ですが、困った事が1つだけありました。
正直トマト味の料理に飽きたと感じる事です。
出来るだけバリエーションは考えていたのですが、どうしても似たような味になってしまうんです。

でも、徐々に肌が改善してくるのを見ていると、試して良かったと思いました。

それに、トマトは肌だけではなく他の部分にも効果を発揮するので、食べた方が断然良いと思いました。

小学生の頃ニキビに悩まされた私が2週間で卵肌を取り戻した方法

結論から言うと、カミソリをやめました。それだけです。

私が通っていた塾にはおやつタイムという時間があって、その時間に友達とお菓子を持ち寄って食べていました。そこで週に一回お菓子をたくさん食べ、塾のない日は飴やチョコ、梅菓子などを少しずつつまんでいました。
すると途端にニキビができ始め、塾でも肌がギトギトして気持ち悪いし、授業に集中できなくなってきたんです。そこで原因を考えたところ、スナック菓子は良くないなということで、スナック菓子断ちを始めました。
おやつタイムにはおにぎりを持って行って食べていました。するとスナック菓子を食べた後と違い、お腹にもたれず、口に脂っこさや味が残ることもなく、とても軽く心地よいと感じ、平日もスナック菓子を断ち、代わりにおにぎりや、おかずを食べるようにしました。
1週間くらいして、にきびが減っているのに気がつきました。いつもならギトギトして気になっていたおでこ周りも、ほとんど気にならなくなり、2週間して、ニキビが0〜2個程度まで減りました。この変化には私自身も、友人も、家族も驚きでした。堂々とおでこ出しをできるようにもなりました。
スナック菓子には質の悪い油分や添加物、過剰な砂糖など、人体に不要なものが多く含まれています。特に保存料などの添加物は、腸内など、体内の酵素の働きを抑制すると言われています。余分な物で、処理しきれなかったものが過剰な皮脂の分泌の原因となり、ニキビを作っていたのだと思います。
それまでは薬用洗顔料で洗顔したりしていましたが、やはり表面だけ洗っても、体内で問題が起こっているので、その根本を改善させなければ治りません。ニキビはその原因を考え、根本を変えなければ解決しないんだと感じました。
最近は洗顔料を使わず水だけで洗顔してニキビが増えてしまったりしました。人によってどの程度洗顔するか違うので、自分にはどの程度の洗顔が合っているのかを見極めること、できる限り肌をこすったりなどの刺激を与えないことは大切です。
また、睡眠不足の時など、何かしらのストレスがある時も肌に顕著に現れます。テスト期間になると、私だけでなく、周りの友人も「ニキビ増えたわ〜」と言った会話をよくします。
ニキビが気になる方、まずは自分の基本的な生活習慣を見直してみてください。そうするときっと問題が見つかるはずです。根本から改善させましょう。

美肌によい食べ物は鍋とサバ缶と卵かけご飯

私は以前から肌の乾燥に悩まされてきました。特に顔です。
冬は乾燥で、夏はクーラーの冷気で。
手で触れば顔の上に皮がもう一枚重なってるのかと思うくらいカサカサしていました。

どんなに高価な化粧水や乳液を塗ってもマシになるのはその時だけ。数時間もすれば元に戻ります。いっそのこと何も塗らない方がいいのではないかと思って洗顔後に放置すれば、今度はヒリヒリと傷みだしました。

皮膚がかさつくと化粧ノリが悪くなります。下地を塗ってもムラになってファンデーションが浮き上がって変な模様が浮き上がります。
なんとかならないものかとインターネットで調べると、私の場合、化粧水や乳液や美容液などより、食事内容を改善しなければいけないことがわかりました。

肌をもちもちすべすべに保つにはたんぱく質が欠かせないそうです。
主に牛肉や大豆、サバなどの魚類に含まれていて、毎日食べていれば肌によいそうです。もちろんそれだけではダメで、卵も毎日食べるのがよく、他にも緑黄色野菜や豚肉なども肌の粘膜保護や角質の再生に欠かせないのです。

私は自分の食生活を振り返ってみました。
私は子供の頃から肉類がダメで、ほとんど残してばかり。魚はまだ食べられるのですが、大人になって自分で調理をしなければならなくなると面倒くさくてあまり食べなくなりました。緑黄色野菜もどちらかといえば苦手で・・・というか、野菜のどれが緑黄色野菜なのかもわからない状態でした。

とりあえず肌によい食材がわかったところで、調理法を色々と調べてみると、個別に作ろうと思えばかなりの品数になります。
自分ひとり食べるためにこんなに作れないと思って諦めかけていると、ふと思いつきました。品数を作るのが面倒ならひとつにまとめてしまえばいい。
まとめるなら鍋が一番だと思いました。

今はひとり鍋用のスープがたくさん売られているので、それで緑黄色野菜と豆腐を鍋で煮込んで、しゃぶしゃぶ用の肉を入れます。
毎日はさすがに飽きるので週に2~3回、朝はサバの缶詰と卵かけご飯を食べていると、1ヶ月ほどで肌のカサカサが少なくなってきました。

まだ始めたばかりですが、続けていれば顔のカサカサはなくなってくると思います。
牛肉と脂の多いサバを食べているので、まだ皮膚がカサカサしているものの、少し潤いが出てきたような気もします。

肌の乾燥を防ぎカサカサがなくなれば、今度はもちもちすべすべの肌が待っているのかと思うと、これからが楽しみです。

肌に良いと言う食べ物を積極的に摂取する生活で肌変化あり

少し前の事ですが、ママ友さんが主催する自宅開催でお茶をしながら、肌のことのついての座談会に参加しました。結局はお化粧品の販売を兼ねたものでしたが、肌の良い生活習慣や食べ物について興味深い話を聞くことができたので、大変参考になりました。

○乾燥肌や季節ことに変化がする安定しない肌質の人は食生活を見直すべき。

まず、私は乾燥肌と脂肌の混合で、季節的に敏感になる事がありました。
食べる物に関しても偏食ぎみと言うのか、お菓子や甘味が好きなので、朝から甘味やお菓子を食べて朝食の変わりにすると言う事も習慣になっていました。

40代と言う事を考えると本当に良くない習慣だと知りながら、その様な生活を続けていたため、肌が安定しないと言う事が座談会を通じて分かりました。

○肌の良くて自分に合っているものを探すことの大事。

まず、私は野菜も食べられないものもあるので、毎日の生活の中で野菜不足だと感じる事も多々ありました。
そのような場合は青汁を上手に生活の中にと入れていて、野菜不足を補うことも教わりました。近年は青汁の味も以前に比べると格段に美味しくなっているそうで、生活の中に青汁を取り入れる事を青汁の中でもサントリーから販売の極みの青汁やアサヒ緑健の緑効青汁などは大変飲みやすく、極みの青汁は私が好きな甘味系のものとも合いますし、豆乳や牛乳で割っても抹茶オーレのような味わいになると言われたので、早速、購入して実践する生活にしました。

私は朝食の時に豆乳で割ることと、出先にはミネラルウォーターで冷たくした青汁を水筒に入れて持参しています。
たったそれをするだけで、まず肌が良い潤いを感じてきたのが分かりました。

○発酵食品で便通が良くなると肌が見違える。

口から入るものの工夫を少しするだけで、明らかに肌が違うと分かったので、私は座談会で教わってきた発酵食品を毎日食べる様に心がけました。
まず、即席のぬか漬けを作るようになりました。お漬物だと生野菜と違って食が進みことも分かりました。また今まではあまり食べることが無かったヨーグルトや納豆も積極的に摂取する様になりました。

お味噌汁は飲む点滴だと言われるくらいに身体にも肌にも良いと言われたので、1日に1回は必ず味噌汁と飲む様にしました。それらを食べる積極的に食べる様になり便通も良くなり、毎日決まった時間に便がある様になった事が私に中では一番の変化でした。

○青汁、ぬけ漬け、ヨーグルト、納豆、味噌汁を食べる様になり肌の質にも変化あり。

少し食生活を変えてだけで、明らかに以前の肌質と変わった事は驚きました。周りからも肌がキレイになったと言われますし、自分自身でメイクしている時も以前の乾燥や脂症での悩み事が無くなってきました。

たった数ヶ月の食生活でここまで変化を感じたので、今後も自分に合っている肌に効果のある食べ物を見つけていきたいと思います。

参考サイト:http://shigaclinic.jp/